■プロフィール

タワとも

Author:タワとも
鹿児島在住の大学生→東京で就職!

亀に一目ぼれしてこの世界を知りました。
最近は国産ヤモリに夢中になっています。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

感激(≧∀≦)ノ
ハイ、みなさん
タワともです。

GWいかがお過ごしですか?
タワともは四月の寝不足解消で寝まくりと昨日ヤモリの分布調査(個人的な)に行っていました。

で、その時に前回、後輩からもらったニシヤモリに加えてヤクヤモリを大量に目撃でき^^
まぁ、ご想像通り持って帰ってきました(笑)♂1♀2のトリオを

ですから次回から久しぶりに黄金の瞳シリーズを書くことが出来ます!!

しかし、今日はそれではなく
うれしいことが

去年
タカラヤモリ、ミナミヤモリ、ゴマバラトカゲモドキの繁殖に挑戦し
タカラ以外がハッチして今もすくすく成長しています。

で、今年もリベンジしたいと思っていたところ昨日の調査で持ち腹の個体がいたことから
すっかりマッチングを忘れていることに気づき今日5/5に合わせてみると
S__50642954_convert_20160506011326.jpg
交尾しました!!
子どもの日に(笑)
ちょっと見にくいですが

入れてすぐ目の前でやってくれたのでバッチリ目撃することが出来ました^^v

順序としては
①♂を♀のゲージに入れる
②♂♀ともに尾をウネウネと動かす
③どちらかor両個体が鳴き声をだす(②③順不同)
④♂が♀を追いかける
⑤♀の首元に噛みつき、手で胴体を押さえたら挿入

といった順序でした
合体時間は約20秒ほどでした。
ソー○ーですな(゚∀゚ )

いや~~去年はいれてすぐはせずにおそらくタワともが寝ている隙にやっていたので
目撃できて感激です。
フラッシュをたくと中断してしまう可能性があったので
スタンドの灯りだけでの撮影ですので見にくくなっています

今年の繁殖は
国産がタカラヤモリ、ヤクヤモリ、クメヤモリ
外産がゴマバラ
に挑戦予定なので去年の失敗を生かして是非成功させたいです。

特にタカラヤモリのような希少種は捕獲さしてもらっているので是非増やしたいと思います。
ちなみに、タカラは種雄を替えてみました。この結果が吉と出るか凶と出るか分かりませんが

また、まとめていきたいと思います。
S__50642955_convert_20160506011343.jpg
ちなみに、撮影法を替えたVer

どちらが見やすいですかね?

今回は下ネタが多かったので苦手な方は申し訳ありませんでした。
スポンサーサイト


国産ヤモリ | 01:58:12 | トラックバック(0) | コメント(4)
コメント
初めまして。Nyandfulと申します。

これは凄いですね!!
自分も何とか交尾シーンを撮りたいものです・・

ちょっと質問があるのですが、ミナミの大型鱗の密度は個体間、もしくは個体群間で違うか、ご存知でしょうか?
2016-05-12 木 22:18:20 | URL | Nyandful [編集]
Re: タイトルなし
> 初めまして。Nyandfulと申します。
>
> これは凄いですね!!
> 自分も何とか交尾シーンを撮りたいものです・・
>
> ちょっと質問があるのですが、ミナミの大型鱗の密度は個体間、もしくは個体群間で違うか、ご存知でしょうか?

Nyadfulさん
初めまして、ブログの方はちょくちょく覗かしてもらっています

交尾が撮影できたのは私も感激でした!
やはり、しっかり冬を体験させるのがコツかと思います。

しかし、時間が30秒もあれば長い方なので野外で観察するのは相当な運がいりそうですね

ちょっと質問があるのですが、ミナミの大型鱗の密度は個体間、もしくは個体群間で違うか、ご存知でしょうか?
→すみません。存じていません
しかし、ミナミは地域によっての差が生じてることは十分考えられます。
私は与那国島でミナミであってミナミでない個体を採取したことがあります。
地域差ですむものなのか、はたまた隠蔽種としての別種なのかは分かりませんが

現在、ヤモリについては分布調査と飼育繁殖を行っているのですが
琉球大の先生がヤモリを専門にしていて少しつながりがあるので

今度の機会に聞いてみますね
2016-05-15 日 01:02:43 | URL | タワとも [編集]
タワともさま

返信有難うございます。
やはり野外では相当難しいですよね。自分はホオグロでしか見た事ありません。
なんとかタワで観察したいのですが、自然環境で観察するのはよほど運がよくないと難しいですね。

ミナミの件、なるほどです。
ちなみに、タワともさまはミナミ・アマミヤモリを大型鱗の密度で判断可能かご存知でしょうか?一応記載文でも記述ありますが、確実な方法なのかなと。
一応アマミらしい個体は見つけたのですが、メスなのもあり同定の決め手がなくちょっと困っております・・。
2016-05-15 日 16:42:02 | URL | Nyandful [編集]
Re: タイトルなし
> タワともさま
>
> 返信有難うございます。
> やはり野外では相当難しいですよね。自分はホオグロでしか見た事ありません。
> なんとかタワで観察したいのですが、自然環境で観察するのはよほど運がよくないと難しいですね。
>
> ミナミの件、なるほどです。
> ちなみに、タワともさまはミナミ・アマミヤモリを大型鱗の密度で判断可能かご存知でしょうか?一応記載文でも記述ありますが、確実な方法なのかなと。
> 一応アマミらしい個体は見つけたのですが、メスなのもあり同定の決め手がなくちょっと困っております・・。

Nyandful 様
返信が遅くなってしまい申し訳ありません
ホオグロでも自然下で見れたのはとてもラッキーだと思いますよ。

僕は自然化では全くみたことないので
タワヤモリは海岸線に多いといいますが
やはり、頻繁にフィールドに通うしかないですね

ちなみに、タワともさまはミナミ・アマミヤモリを大型鱗の密度で判断可能かご存知でしょうか?一応記載文でも記述ありますが、確実な方法なのかなと。
一応アマミらしい個体は見つけたのですが、メスなのもあり同定の決め手がなくちょっと困っております・・。
→アマミとミナミですが、確かに前肛孔も同定の大きなポイントですが、

実は前肛孔は確実ではありません。

大型燐の密度に関する違いはありません。
同定のポイントとしては
背面、腹面の模様の違い
鼻孔周辺の燐数などで同定できますよ

よければ、記載論文をお送りしましょうか?
2016-05-19 木 23:13:49 | URL | タワとも [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad