■プロフィール

タワとも

Author:タワとも
鹿児島在住の大学生です。

亀に一目ぼれしてこの世界を知りました。
最近は国産ヤモリに夢中になっています。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

最初は意味が分からないもの
ハイ
みなさん、お久しぶりです。

タワともです。
このところ実験で忙しいのと昨日まで風邪でダウンしていました(T_T)

更新がかなり滞ってしまいました(-_-;)


で、今回ちょっと思ったことがありまして
書いていきたいと思います。

以前ビバガのゲストとのインタビューコーナーで
繁殖の方法について富水さんたちが言っていたことがありました。
ちょっと細かいことが違いますがまとめると

繁殖や初めて未経験の種を飼育する時
今はインターネットや書物も多く出版されているので
情報が多く入ってきます。

そこで成功した人のやり方をまねるだけではだめだと
大切なのは失敗した人の話をきくのが大事というものでした

それを最初に読んだときタワともはあまり意味が分からず
成功した人の話の方が大事なのではと思っていました。


しかし、先日その意味が分かるときが来ました。
後輩がボールの繁殖に初挑戦して
先日、やっと産卵までこぎつけたらしいです。

そこで産卵床をどうするかみたいなのをlineしていると
ネットでいい方法を見つけたと息巻いていました

で、少しはなしを伺ってみると
湿度の管理が後輩は苦戦しているらしく

その見つけた方法がタッパーで湿度を保つために蓋をして
密閉して一日に一回空気を入れ替えるというものでした。

獣医学を専攻する身分としては「え!?」という反応でした。
繁殖は人それぞれやり方がありますし、たしかにその方法でも成功はするかもしれません
しかし、それが100%の正解なのでしょうか?
卵の発生という細胞分裂がかなり盛んな時期に酸素不足の状態をつくりだすのいかがかと
また、湿度を保つ方法も他にもあると思います。
その方法はたしかに成功したかもしれませんが50%の正解かもしれません。
その時はたまたまうまくいって、本来はうまくいかない方法なのだとしたら?

で、話は戻って
富水さんが言っていた
成功した人の話ではなく、失敗した人の話を聞きたいと
そこから次、自分がするときに生かすのが大事と

webで成功した人の話が満点と思ってしまうとそれより先に進めません。
後輩のおかげでタワともは気づくことが出来ました。

最初は意味が分からなくても「人生の先輩」が経験により得た知識は
ちゃんと的を得ているということでしょうか?

知識や理解があとから追いつくということちょくちょくあります
後から追いつけばいいものもたくさんありますが
その時、その場で動けないと大きなチャンスを逃すこともある(経験あり)ので
もうちょっと先輩のお言葉を考えていけたらと思います
むろん、すべてを信じていいというわけではありませんが(笑)

p.s
この前、違う後輩がニシヤモリを捕まえてきてくれました!!
また、記事にしたいと思います。
スポンサーサイト


未分類 | 00:35:13 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad