■プロフィール

タワとも

Author:タワとも
鹿児島在住の大学生です。

亀に一目ぼれしてこの世界を知りました。
最近は国産ヤモリに夢中になっています。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

行ってきました!! 沖縄県 久米島①
ハイ!!みなさまお久しぶりです。10日ぶりくらいですかね(゚∀゚ )

予告した通り、行ってきました久米島
これで当分、ブログのネタには困りませんp(^-^q)よっしゃー

そもそも、なぜ久米島に行こうと思ったかですが、
僕の最大の目的はオキナワヤモリGekko sp. 旧クメヤモリです。
詳しくはまた、黄金の瞳に魅せられてで紹介しますが、沖縄本島と久米島
伊平屋島にしか生息いないヤモリをこの目で拝むこと最大の目的でした。

他にも、リュウキュウヤマガメとかクメトカゲモドキとか色々いるので
是非、行きたいということで久米島に行くことに。後、同行するゴ〇〇リ屋
と後輩の希望もあってです。

今回、3/16~22までと結構長期間行ってきたのでどんな感じに
まとめるか迷ったのですが、やっぱり日ごとにまとめていこう
と思います。

3/16
久米島には鹿児島から飛行機で那覇まで行き、そこから船で3時間位でした。
蜀咏悄+2014-03-16+13+42+39_convert_20140326013117
沖縄の泊港こと”とまりん”

飛行機で爆睡、船で爆睡。そうこうするうちに久米島に着いたら
pm17:00になっていました。
港でレンタカーを受け取り、まずは宿に移動して荷物を降ろします。
この時点でゴ〇〇リ屋はおらず20日に合流する予定でした。

本当は久米島ホタル館に行き情報を聞きたかったのですが、このとき
月曜日。休館日が月、火曜日となっていて水曜日まで開いてないとことで
仕方がないので、事前に先輩から仕入れていた情報を頼りにダルマ山へ

最初は車で林道をウロウロしていたのですが、全く生き物が現れないので
歩くことに。するとリュウキュウカジカガエルの鳴き声が聞こえてきたので

その方向に行ってみると、公園の裏に池があり、ハブにビビりながら
池を観察すると久米島生物第一号が現れました!!

P3162018_convert_20140325170759.jpg
ガラスヒバァ Amphiesma pryeri


P3162025_convert_20140326015345.jpg

なんていうか、細小っちゃくて可愛かったです。
途中で威嚇してきましたが「咬むじょ!」って感じで可愛かったです(笑)

そしてまたちょこちょこ歩くと
さっきの鳴き声の持ち主が・・

P3162069_convert_20140325170841.jpg
リュウキュウカジカガエル Buergeria japonica

たぶん、南西諸島では普通種だと思うんですが、久米島で出会った
両性爬虫類の中で一番多かったです。
宝島でみたこのカエルの量がハンパなかったことを今でもよく覚えています(^^;

さあ、そういいながら後輩と林道をビクビク歩いていると・・・!!
ヤマナメクジがいて気持ち悪いな~と二人で言っていると
あの、見慣れた動きをするトカゲが!?

ヤモリだ~~
もうこの時点で僕のテンションはhighになっていました
いやいや、もしかしたらいつものミナミヤモリかもと思いつつ
捕まえてみると・・・

クメヤモリだ~!~!~!~!~!~!~!
なんと初日に捕獲してしまった。幸先良いぞ~ ^^v
というわけで捕獲したが興奮しすぎてこの個体の写真をまだ撮っていないのである。
後日UPします(汗)

さあ、うきうきしながら歩いていると後輩がヤモリを見つけたので即捕獲!!
P3162037_convert_20140325170824.jpg

しかし、今回はミナミであった。
しかし、島ごとの違いを見るためこの個体は確保した。

この時点で1時を過ぎていたので、この日は引き上げることに

しかし、この後予想をしない出来事が!!

というわけで、帰るために車に乗り走り出してふもとまで来たとき
なんじゃありゃ~~~

P3172115_convert_20140325170937.jpg
P3172109_convert_20140325170921.jpg
ハブ Protobothrops flavoridis
そう、ハブである。これがまたデカい!!
この写真では分からないが、二車線ある道路の半分くらいを横切っていた。
「デカい」ただこの一言である。

この時点で後輩はビビりまくり(笑)

しかし、初めて見たハブである。僕はドーパミンが出まくりである。
夢中で写真を撮っていたが、途中である感情が生まれた

「捕まえてみたい」

もうこの時点でOUTである。しかし止める奴もいないので
注:後輩の制止は意味をなさなかった。

そして、愛用の捕虫網で首根っこを押さえ無事捕獲
しかし、これがまた太いくて力がハンパない。

分かりやすく言うと、個人差もあるかもしれないが
親指と中指でできる輪っかくらいの太さがあったΣ(゚∀゚ )
P3172103_convert_20140325170905.jpg

いや、マジデカい。僕の身長が168cmなのだが、ほぼ変わらない
こんなビックな奴をみてしまったら、もうテンションはhighどころかMAXである。

初日からこの歓迎具合であったので、次の日以降が楽しみでしょうがなかった。
そして、この個体は逃がして、宿に帰り午前3時ごろ就寝。

この日ヘビに襲われる夢を見たことは今でも忘れない(汗)
スポンサーサイト


久米島 | 02:30:06 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad