FC2ブログ
 
■プロフィール

タワとも

Author:タワとも
鹿児島在住の大学生→東京で就職!

亀に一目ぼれしてこの世界を知りました。
最近は国産ヤモリに夢中になっています。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

九レプ 報告!!
昨日は福岡で開かれた九レプ オータムに行ってきました~~!

いつも六月に開かれる九レプは行っているのですが、学祭にかぶったりしてなかなか行けていませんでしたが(^^;

今年は行くことが出来ました。そうしたら今年からプチレプからオータムになって規模が拡大していました。
S__17588243_convert_20141124165322.jpg
これは、開始してから数時間経った状態ですが、とにかくヒト、ひと、人で暑かったです(^^::
これでもかなり空いた方でしたね。開始直後は動くのも困難でした。

しかし、開始直後から行く価値はやっぱりありますね^^
まず、用具系は定価よりすでに安く、さらにイベント価格で値引きとかもしてくれるので
要チェックや!!

特に段ボールとかに無造作に入れられている奴はおススメです。

あとはやっぱり生体ですよね。
チラッと見て他を見てきたらもういなくなっていたなんてこともザラですからね。
S__17588242_convert_20141124165308.jpg
これは以前からタワともが欲しかったコーンのアボッツオケッティです。

通常、15000円前後はするのですが、なんと4000円という破格のお値段!!

しかも、それが四個体のいたのでかなり悩みましたが相方がヘビだけはだめというので
非常に残念でしたが断念しました。

しかし、いつかアボッツオケッティは飼育してみたいものです。
S__17588239_convert_20141124165219.jpg
あと、こんなのもいました(゜∀゜!!

サキシマバイカダ Lycodon ruhstrati multifasciatus
石垣とかにいる珍蛇ですね。石垣に行ったときも探しましたが目撃できず↴

しかし、このような希少種が売買されているところをみるとちょっと複雑です・・・
本当に欲しいなら自分の手で採れるものは採るのが良いと思っています。

さてさて、では今回の収穫を紹介しましょう

S__17588246_convert_20141124165403.jpg

S__17588245_convert_20141124165350.jpg

ゴマバラトカゲモドキ Goniurosaurus luii
ルイの名でお馴染み?のキョクトウトカゲモドキの一種ですね。

一番流通しているのはハイナンですが
個人的に日本のトカゲモドキに一番近いと思うゴマバラにしました。
伊平屋島にいるイヘヤトカゲモドキとかに見た目がかなり似ていると思います。
東京のPumilio(プミリオ)さんから購入しました(^^)v
WCの買い込み個体なのですが、店舗ではピンセットから食べていたとのこと!!

もともと出品予定ではなかったらしいのですが、リクエストして持ってきてもらいました。
写真は上がメスで下がオスになります。
メスはかなりぷりぷりしていて、すぐにでも繁殖できそうです。

S__17588244_convert_20141124165337.jpg
飼育環境はこんな感じですね。
とりあえず、水容器から水を飲んで、シェルターも利用しているので一安心です。
次はエサを食べてくれるかですね。

出来たら、クーリングして来春の繁殖を目指します!!

でも、なんでこんなにヤモリばっかり増えるんやろう?ww

オマケ
お昼は西新パレス近くの海豚やという博多ラーメンでした。

S__17588240_convert_20141124165236.jpg




スポンサーサイト
ペット | 21:46:44 | トラックバック(0) | コメント(0)
近況報告!!
け~きょく、放置することに変わりませんでした(滝汗)

11/14~17まで学際があり、その準備に追われ
今、中間試験に追われています(゚∀゚ )

で、ブログ放置と・・・・
パターンは変わりませんね(笑)

とりあえず、つなぎとして学際の様子を
タワともは鹿児島大学の生物研究会(略して生研)というサークルに所属しているのですが
色々あって、部長を二年間務めさせていただきました(笑)

生研は毎年学際で生体展示をするのですが、これが中々チカラが入っていて
一大イベントになります。
S__16891924_convert_20141119173058.jpg

S__16891923_convert_20141119173044.jpg
実際の様子

今年は日本産の両生爬虫類が充実していました。
本土で見られる淡水ガメは四種すべて展示
ヘビはジムグリやシロマダラ、アカマダラと豊富なラインナップ

他にも夏合宿のポスター展示など
S__16891926_convert_20141119173119.jpg

S__16891927_convert_20141119173135.jpg
これは以前ブログに登場したA君がメインになって作ってくれました。
急ごしらえにしてはなかなか見応えのあるものをつくってくれました(^^)v

ほかにも紹介のポスターはかなりクオリティの高いものが
S__16891925_convert_20141119173108.jpg
博物館や水族館のポスターとそん色ないです。
やはり適材適所というものがあります。
それは活かしてやるのが頭の役目だと思います。(自画自賛)
このポスターはちょっと無口であまり活発でないN君が作ってくれたのですが、
絵やイラストを描いてもらうとこれほどのものを作ってくれます。

そして、忘れてはならないのがコレ!!
S__16891922_convert_20141119173025.jpg

LEBENです。
LEBENとは生研が1958年に第一号を発行した、研究会誌なのですが
前23号が1995年に発光されて以来日の目を見ることなく
忘れ去られてしまいました。しかし、生物研究会が65年という節目の年にあたる
今年2014年に遂に復活!!

まだ、見本本しかないのですが、近々製本されたものをUPします。

中間が終われば必ず、沖縄編と黄金の瞳シリーズを書きます。
良ければ、楽しみにしていてください。m(_ _)m


未分類 | 17:55:03 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad