■プロフィール

タワとも

Author:タワとも
鹿児島在住の大学生です。

亀に一目ぼれしてこの世界を知りました。
最近は国産ヤモリに夢中になっています。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

行ってきました 沖縄県 久米島②
いや~ ネタには困らないとか言っておきながら
また、日が空いてしまいました(^^;

前回の①ですが、夜中に文章書くべきじゃないですね
自分でも、何書いてんねんって思うくらい変な文章でした。

特に「しかし」が連続三回とかあって、夜中に文章書くもんじゃ
ないとしみじみ感じました。
でも、これも2時半くらいに書いてるんですけどね(笑)

さあ、気を取りなおして本編です。
3/17
蜀咏悄+2014-03-17+13+16+56_convert_20140331023450
石碑の前で決める著者(このポーズはトレードマークみたいなものである)

二日目の午前中は観光名所を回ろうということになり
まずは久米島ウミガメ館でウミガメを堪能したが、あまり
読むものなどが無かったので30分くらいで出てきてしまった。

しかし、ここで販売していた限定Tシャツがかなり惹かれるものがあった。
前にはカメの正面顔と「いつも前向き」というロゴで
後ろはカメの後ろ姿と「ときどき後ろ向き」という
かなり惹かれるTシャツであったのだが、サイズがキッズとSしかないのである。

Sは着ることは出来るがパッツンパッツンなるので、Mが希望なのだが無い!
受付のおねいさんにも「ごめんね~、サイズあんまりないんよ~」
と言われてしまう始末である。 トホホ・・

次にウミガメ館の隣にある海岸は少し変わっているのでそこで少し遊ぶことに

蜀咏悄+2014-03-17+12+54+18_convert_20140331023158
亀の甲羅のようになっているのである。これは畳石とよばれ県指定重要文化財である。

ここで、後輩はロマンチックにも貝殻を拾い出して
その間、僕はアーサーを取っていたオバァの話をずっと聞いていた。
その時、後輩に「地元の人の話を聞けや~~」と思っていたことは内緒である。

しかし、僕がオバァの話を長いこと聞いたおかげでアーサーを分けてもらえることに
やはり、島民とは仲良くすべきである。おバァの話によるとカップ麺とかスープにいれると
おいしいということなので時間もちょうどよく、我々は昼食のため、一旦宿に帰り
さっそくラーメンにアーサーを入れることに

蜀咏悄+2014-03-17+13+48+13_convert_20140331023302
こんな感じである。かなり大量にもらったので、毎回ヤマモリのアーサーが投入されていた。
しかし、これがいう通り「ウマい」のである。
いつも、離島に行くと野菜を取らない生活になってしまうが
これで食物繊維もバッチシである(^^)v

さあ、腹も膨れたところで次に向かったのは‘熱帯魚の家”である。
P3172137_convert_20140325171054.jpg


ここは、タイドプールがいくつもでき海水魚(熱帯魚も生息)が
とても観察しやすいのである。

P3172128_convert_20140325171018.jpg
ウツボの子ども

ここでは上記のウツボの子どもやシャコのパンチとかで遊んでいて
かなり楽しかった。
P3172142_convert_20140325171113.jpg
P3172134_convert_20140325171035.jpg
しかし、僕がシャコパンチに夢中になっているとき後輩が
「落とした~!!」と叫んでいて、さっき拾ったお気に入りの棒のことかと
ほっといたらなんと財布と図鑑を水没させていた(笑)

そのあとの後輩のブルーぐらいがハンパなかった。

さあ、そうこうするうちに夜である。
もう一度アーサーラーメンをいただいて

今日はアーラー林道へ
ここも車で二往復くらいしても何もいないので途中で歩くことに

しかし、林道沿いはカニくらいしか現れず、ふーんとがっかりモードに

そこで脇道に入っていくとサトウキビ畑跡につなっがており、そこに沢があったのでそれを
たどっているとヌルヌル、ビチャビチャという音(ヌルヌルという音は実際には聞こえていない 
当たり前であるが)と共にヘビのような生き物を確認!!

こ、これは!?幻のキクザトサワヘビか!?と興奮したが正体はつかめず
(後日、発覚するが)先に進んでいくと後輩が
「いました~」というので見に行ってみると

今回の目標part1のトカゲモドキがいたのである。

このとき初めて、連れてきてよかったと思ったことも内緒である。
P3172154_convert_20140325171132.jpg
クメトカゲモドキ Goniurosaurus kuroiwae yamashinae

沖縄本島にいるクロイワトカゲモドキが基亜種であり、幾つかの
亜種が存在するが、このクメトカゲモドキだけが虹彩が黄色もしくは
黄土色をしているのである。

いや~これが逃げない逃げない。写真が撮り放題であった。
しかし、ちょっと目を離すとすぐいなくなるが・・

そして、さんざん写真を撮ったあと本筋の林道を歩いていると
斜面のパイプからアカマタの胴体がはみ出ているのを発見

さっそく引き出してみるとこれがまた、結構大きいのである。
P3172187_convert_20140325171201.jpg
P3172177_convert_20140325171147.jpg
アカマタ Dinodon semicarinatum
いや、奄美でも見たが、赤黒白の縞模様がなかなかカッコイイ
ヘビである。しかし、いかんせん気が荒くすぐに鎌首をあげるのである。
まあ、それで写真が撮りやすいのであるが・・・

この蛇はハブを含むほかのヘビを捕食することがあり、有毒と
思われていたりする。実際には無毒なのであるが、

そういう勘違いにより、ハブと同じく島民によって轢き殺されたりする
不運なヘビなのである。

そして、このアカマタをもとの位置に戻すと、その側溝の草むらの中から
トカゲモドキが飛び出してきたのである。襲われると思ったのであろう。

図らずもトカゲモドキをさらに目撃することが出来たのである。ラッキー

次にダルマ山に移動し横道に歩いてはいると後輩がまた いました
といい、今度は二匹連続の発見である。

この時、僕は自分で見つけたいというジェラシーを燃やしていたら
後輩にチームなんだから競わなくていいじゃないですかと
諭されてしまった(笑)
その道にはまあまあ、水の張った水路があったのでヤマガメいないかなぁ~
と探したが亀は見つけることが出来なかった。

しかし
P3182196_convert_20140325171217.jpg
リュウキュウギンヤンマのヤゴ
P3182197_convert_20140325171234.jpg
リュウキュウアオガエル Rhacophorus viridisのオタマ
はかなりの数を確認できた。こいつらは二月くらいまで産卵され、この時期では
オタマになって観察できる。

さあ、この日はクメトカゲモドキを見れたので満足して帰路に着くことに

このとき車中で「もし明日、カメが見れたらもうゴ〇〇リ屋をおいて帰るか~」
という話をするほど、トントン拍子に進んでいたのである。

それがあんなことになるとは、このときは考えもしなかった。



注;前回ハブを捕まえたという、文と写真を載せたが
非常に危険なので絶対に真似はしないでください。







スポンサーサイト
久米島 | 03:39:43 | トラックバック(0) | コメント(0)
行ってきました!! 沖縄県 久米島①
ハイ!!みなさまお久しぶりです。10日ぶりくらいですかね(゚∀゚ )

予告した通り、行ってきました久米島
これで当分、ブログのネタには困りませんp(^-^q)よっしゃー

そもそも、なぜ久米島に行こうと思ったかですが、
僕の最大の目的はオキナワヤモリGekko sp. 旧クメヤモリです。
詳しくはまた、黄金の瞳に魅せられてで紹介しますが、沖縄本島と久米島
伊平屋島にしか生息いないヤモリをこの目で拝むこと最大の目的でした。

他にも、リュウキュウヤマガメとかクメトカゲモドキとか色々いるので
是非、行きたいということで久米島に行くことに。後、同行するゴ〇〇リ屋
と後輩の希望もあってです。

今回、3/16~22までと結構長期間行ってきたのでどんな感じに
まとめるか迷ったのですが、やっぱり日ごとにまとめていこう
と思います。

3/16
久米島には鹿児島から飛行機で那覇まで行き、そこから船で3時間位でした。
蜀咏悄+2014-03-16+13+42+39_convert_20140326013117
沖縄の泊港こと”とまりん”

飛行機で爆睡、船で爆睡。そうこうするうちに久米島に着いたら
pm17:00になっていました。
港でレンタカーを受け取り、まずは宿に移動して荷物を降ろします。
この時点でゴ〇〇リ屋はおらず20日に合流する予定でした。

本当は久米島ホタル館に行き情報を聞きたかったのですが、このとき
月曜日。休館日が月、火曜日となっていて水曜日まで開いてないとことで
仕方がないので、事前に先輩から仕入れていた情報を頼りにダルマ山へ

最初は車で林道をウロウロしていたのですが、全く生き物が現れないので
歩くことに。するとリュウキュウカジカガエルの鳴き声が聞こえてきたので

その方向に行ってみると、公園の裏に池があり、ハブにビビりながら
池を観察すると久米島生物第一号が現れました!!

P3162018_convert_20140325170759.jpg
ガラスヒバァ Amphiesma pryeri


P3162025_convert_20140326015345.jpg

なんていうか、細小っちゃくて可愛かったです。
途中で威嚇してきましたが「咬むじょ!」って感じで可愛かったです(笑)

そしてまたちょこちょこ歩くと
さっきの鳴き声の持ち主が・・

P3162069_convert_20140325170841.jpg
リュウキュウカジカガエル Buergeria japonica

たぶん、南西諸島では普通種だと思うんですが、久米島で出会った
両性爬虫類の中で一番多かったです。
宝島でみたこのカエルの量がハンパなかったことを今でもよく覚えています(^^;

さあ、そういいながら後輩と林道をビクビク歩いていると・・・!!
ヤマナメクジがいて気持ち悪いな~と二人で言っていると
あの、見慣れた動きをするトカゲが!?

ヤモリだ~~
もうこの時点で僕のテンションはhighになっていました
いやいや、もしかしたらいつものミナミヤモリかもと思いつつ
捕まえてみると・・・

クメヤモリだ~!~!~!~!~!~!~!
なんと初日に捕獲してしまった。幸先良いぞ~ ^^v
というわけで捕獲したが興奮しすぎてこの個体の写真をまだ撮っていないのである。
後日UPします(汗)

さあ、うきうきしながら歩いていると後輩がヤモリを見つけたので即捕獲!!
P3162037_convert_20140325170824.jpg

しかし、今回はミナミであった。
しかし、島ごとの違いを見るためこの個体は確保した。

この時点で1時を過ぎていたので、この日は引き上げることに

しかし、この後予想をしない出来事が!!

というわけで、帰るために車に乗り走り出してふもとまで来たとき
なんじゃありゃ~~~

P3172115_convert_20140325170937.jpg
P3172109_convert_20140325170921.jpg
ハブ Protobothrops flavoridis
そう、ハブである。これがまたデカい!!
この写真では分からないが、二車線ある道路の半分くらいを横切っていた。
「デカい」ただこの一言である。

この時点で後輩はビビりまくり(笑)

しかし、初めて見たハブである。僕はドーパミンが出まくりである。
夢中で写真を撮っていたが、途中である感情が生まれた

「捕まえてみたい」

もうこの時点でOUTである。しかし止める奴もいないので
注:後輩の制止は意味をなさなかった。

そして、愛用の捕虫網で首根っこを押さえ無事捕獲
しかし、これがまた太いくて力がハンパない。

分かりやすく言うと、個人差もあるかもしれないが
親指と中指でできる輪っかくらいの太さがあったΣ(゚∀゚ )
P3172103_convert_20140325170905.jpg

いや、マジデカい。僕の身長が168cmなのだが、ほぼ変わらない
こんなビックな奴をみてしまったら、もうテンションはhighどころかMAXである。

初日からこの歓迎具合であったので、次の日以降が楽しみでしょうがなかった。
そして、この個体は逃がして、宿に帰り午前3時ごろ就寝。

この日ヘビに襲われる夢を見たことは今でも忘れない(汗)


久米島 | 02:30:06 | トラックバック(0) | コメント(0)
そわそわしてる~~(゚∀゚ )
いや~また、日にちが空いてしまいました(汗)

というか、頻繁に更新が正直無理だと思いますね
そりゃそうか。毎日日記書くのが無理な人ですからね

ハイ、というわけで、明日から久米島に行ってきま~~す!!

だから、そわそわしてます。なんででしょう?

今まで、ちょこちょこ島には行ったことがあるんですが、なんか
一番そわそわしてる気がします(笑)

そんなわけで、明日までは全く生き物ネタが無いので

初!?の外産のの写真で誤魔化そうかと・・・

ヒョウモントカゲモドキです。世間ではレオパの方が
親しまれているかもしれませんが、僕は昔からヒョウモンって
読んでます。でも最近、あんまり通じなくてリクガメの方と間違えられたり(^^;

1012538109285_convert_20140316012307.jpg


これは最近のエサをおねだりしてる写真です。
めちゃめちゃ可愛かったです(^^

正直、ペットにするのは外産でいいかなって最近思うようになりました。

だって、飼うの簡単だもん

そんな、こんなで明日からは久米島にレッツgoーです。

帰ってきたらまた報告しようと思います。それではおやすみなさい(- -)zzz

未分類 | 01:39:52 | トラックバック(0) | コメント(0)
啓蟄
いや~また、期間が空いてしまいました 汗

最近、年度末で飲み会ばっかりです(^^;

まあそんなことはさておき今日は啓蟄でしたね

啓蟄とはコトバンクによると「春の暖かさを感じて、
冬ごもりしていた虫が外に這い出てくるころのこと」です。

つまり、僕たち生き物やにとってはやっと活動の時期になるということです。

そういうわけで、今日実家の和歌山でツクシを久しぶりにみました。

つくし
いやー、ツクシなんて久しぶりに見ました。というか、鹿児島では
未だ見たこと無いですが・・・

でも、こういうのをみると、春が近づいてると実感します。

そうはいうもののまだまだ冷え込むこともあり、玄関で冬眠している
アムールカナヘビはいまだ、こんな感じです(笑)

かなへび
アムールカナヘビ Takydromus amurensis

こいつについてはまた次の機会に詳しく触れるとして

こいつら活動する時期に早くならないかな~と思う今日この頃です。

近くに久米島に行くので、また色々報告できたらと思います。
それでは!!

未分類 | 22:13:37 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad