■プロフィール

タワとも

Author:タワとも
鹿児島在住の大学生です。

亀に一目ぼれしてこの世界を知りました。
最近は国産ヤモリに夢中になっています。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

出来たぜ ハブ取り棒!
ハイ
結局10月は四回のノルマ達成できませんでした(-。-;)

ほんとは昨日のうちにビバガの話とかで一つしたかったんですけど
生協にまだ届いてなくて読めていませんのでまた次回に

早くビバガがよみた~~~い!!

で、今回は以前久米島のホタル館で教えてもらった
スネークロッドを作ってみました。

奄美とかで売っているガッチリ挟むやつではないです。
既製品も数千円~数万円で売っていますがやはり
安くはありません

以前は普通に虫網を使っていたのですが
道路にいるやつ以外捕まえにくくてしょうがありません

で、ホタル館の人にペンキを塗るコロコロのやつを芯の部分だけ使えばよいと教えられていました

でホームセンターで色々探してみると

売っていました!
しかし、専用の棒がプラでちゃちくそれだけのために
離島などで荷物を増やすのが嫌でした

で、色々考えた末
いつも使う虫網に装着できれば完璧なのでは!?

そのまま部室の棚を漁ると余った網の金具があったので拝借し装着
アイデアとしては完璧でした。

しかし、金具が完璧にはまらず針金で止めても
グラグラで、とても現場で使えるものではありませんでした。

そのまま月日が流れて約半年(笑)
昨日ベットで突如思いつきました!!

横に穴をあけてヒモでしばれば
と思って作ったのがコレです

S__38920200_convert_20151101204315.jpg
ヒモはビニールひもになっちゃいました(笑)
布製のちゃんとした奴にしようと思ったのですが
ケチっちゃいました

これも相当何重にも縛っているのですが
ビニールひもを通すのが難しくて
最初はヒモの先をセロテープで固定して通していたのですが
回数を重ねるごとに中で折れてしまうので

針金の縫い針を作ったら
アラ不思議
何回でも通すことができました。

S__38920201_convert_20151101204327.jpg
立てかけるとこんな感じ

イイ感じです。

このままでは不格好かつヒモが裂けてくるので
大正義ビニールテープで補強

S__38920197_convert_20151101204125.jpg
完成しました!
アイデアを得てから1年半
実行に移してから半年かかっちゃいました

で、とりあえず新しいおもちゃを手に入れたら遊びたくなるのが男の性ですよね??


と、思っていたら



S__38920199_convert_20151101204304.jpg
ケニアサンドボアが脱走してる!!

これは使うしかありませんね

で、結果
S__38920198_convert_20151101204254.jpg
バッチリですな
彼はすぐにゲージに送還されました。

まあフローリングなんですこしやりにくいですけど
木の上のやつとか遠くのやつをたくし寄せるのは
金具がまっすぐでいいと思います。

これだと虫網と付け替えもできるので
離島がますます楽しくなりそうです。

最近島に行きたくてしょうががありません。

p.s
九レプで買ったクレス
だいぶ落ち着いてきたと思いますが
エサ食いが確定でないのです少し不安です

グラブパイとレッドローチを与えていますが
特にローチは食べているのか謎です。

一応ウンコはしているのですが不安です。
Gekko属なら大抵のやつは飼える自信はあるのですが
ラコダクははじめてなので悩みます。

S__38920202_convert_20151101204339.jpg
しかし、ハンドリングができるのはいいですね~~
モチィ~とした感触も良い点ですな






スポンサーサイト
フィールド | 21:38:51 | トラックバック(0) | コメント(0)
超久しぶり ビオトープ孟子
ハイ
みなさん
久しぶりです。タワともです。

明日出すとか言っておきながら
安定の6日間放置(笑)

そして、九月もあと数十分で終わりというところまできてしまいました。
なかなか、有言実行とは難しい。

一昨日から大学の後期も始まり
なかなか、詰まっていますがそれなりに更新していけたらと思います。

で、今回は
タワともが高校生の時に毎週通っていた
ビオトープに6年ぶりに行ってきました!!

RIMG0058_convert_20150930214703.jpg
中学ではビオトープがあり、その紹介から
実家&高校から近く、すばらしいというビオトープということで
高校時代はここで多くの方に出会い、たくさんのことを学ばしてもらいました。

しかし、高3の受験期から浪人、大学進学で鹿児島に移り
約6年間足を運ぶことはありませんでした。

そして、この前帰省とともに本当に久しぶりに足を運んでみました。

当時から孟子の管理をしている方々は主な活動場、仕事場がわんぱく公園に移されていたので
当日は誰もいませんでした。

まあ、そんな気はしていたのですが・・・

で、奥の池や山道も行きたかったのですが、向かう途中の木の歩道が朽ち果てていて断念
トンボ池などの池の周りをうろうろしていました。

RIMG0057_convert_20150930214643.jpg
ホタルガの一種 詳しくは分かりません(笑)

RIMG0067_convert_20150930214949.jpg
タマムシの残骸
孟子には種々の鳥類が生息しているのでそれらに食われたか

個人的にタマムシって思っているより顔が怖いと思います
皆さんはどうですか?

RIMG0064_convert_20150930214837.jpg
リスアカネ Sympetrum risi risi だと思います。
高校時代はけっこうトンボもしていたのですが、大学に入ってからは爬虫類が主だったので
ちょっと自信ないです。

RIMG0080_convert_20150930215230.jpg
イシガケチョウ Cyrestis thyodamas
こいつはその日でかなり多く見かけ数時間で3頭も見かけました。

その日はRicohのCX4しかカメラを持っていて居なかったので
こいつを取るのに30分くらい池の周りでジリジリジリジリ中腰で進んでいたので
かなり疲れました。

最近切実にデジイチが欲しいです。

で、ここからはタワともの守備範囲
RIMG0073_convert_20150930215028.jpg
ニホンアカガエル Rana japonica Boulenger
ヤマアカガエルよりオレンジ味が強く、鼻が尖がっていないと思います。
個人的にはこの色合いが好きですね~~

RIMG0076_convert_20150930215052.jpg
トノサマガエル Pelophylax nigromaculatus
なんていうかいるところにはい~~~~っぱいいます(笑)

RIMG0077_convert_20150930215141.jpg
二ホンカナヘビ Takydromus tachydromoides の亜生体
個人的にはトカゲ=カナヘビのイメージがあります

まあ、小中の環境がカナヘビが多かっただけですけど

とまあ、数時間いただけですがそれなりに楽しめました。

明日から十月です。季節の変わり目には体調が崩れやすいので皆さん気を付けて!
→大体この時期に鼻炎が・・・・

フィールド | 23:53:21 | トラックバック(0) | コメント(0)
ギリギリ(汗) 赤外線カメラpart2
ハイ!お久しぶりです
タワともです。

一応最低でも週に1回、月に4回は更新しようと心がけているのですが
毎度毎度なかなか達成できません^^;

というわけで今月も危なかったです
あと数十分で7月でした。

んで、今回は一昨日の日曜日に寺山にカメラに行ってきました
前回はキツネやアカネズミやニワトリ(笑)が写っていました
自動カメラ at寺山 plusゴマバラトカゲモドキ日記

で、今回はこんな奴らが写ってました
IMAG0024_convert_20150630225127.jpg
はい!
安定のノネコ Felis silvestris catus
実はタワともは個人的に猫があまり好きでありません。

これを読んで猫好きの人が不快に思うと困るのですが
一個人の意見と流してもらえると助かります。

完全室内飼いのネコはいいのですが、
半野良もしくはエサだけ与えたしているネコとその飼い主が微妙です。

たしかに、ネコ単体なら良いかもしれませんが
トキソプラズマといった寄生虫の問題とか
個人的に一番気になるのはこういったノネコが与える野生動物への被害です。
最近では観光地などでは避妊去勢されたノネコがふえましたが
そいつらは子供はできませんが、その間もカナヘビなどの爬虫類
ネズミなどの哺乳類、その他多くの鳥類を食しています。

これにより鹿児島の離島などでは希少種が数を減らしている問題もあります。
すこし暗い話をしてしまったので
写真に戻りしょう

IMAG0035_convert_20150630225228.jpg
IMAG0033_convert_20150630225202.jpg

イノシシ Sus scrofa
イノシシはタワともが初めて赤外線カメラで撮影した野生動物なので思い出深いです。

中学2年生のとき地元和歌山の山で(当時はフィルムカメラ)で三日に一回
フィルムが残っているか確認に言った思い出があります。

その最初に写っていたのがイノシシでした。
その時もこの2枚目の写真のように左の顔が少し写っているだけで
最初は何も映っていなかったとがっかりしていました。

いや~~人間の目っていい加減ですよね

p.s
そろそろゴマバラが2回目の産卵をしそうですが
まだ時間がかかりそうです^^;
前回から一か月ほど経ちましたが、あの華奢な体にかなり大きい卵をもっているので
時間がかかりそうです。

あとメス個体の食欲がすこし落ちているので心配です。
暑いからか産卵の前だからか・・・

フィールド | 23:27:25 | トラックバック(0) | コメント(0)
自動カメラ at寺山 plusゴマバラトカゲモドキ日記
前回の「ご懐妊(*≧∇≦*)」
を書いてから三ペアともさらに卵が目立つようになってきましたლ(╹◡╹ლ)

IMAG0105_convert_20150426222912.jpg
これについては下で

あと、リクエストがあったので少しゴマバラのことを書きたいと思います。
今後メンドクサイので学名のGoniurosaurus luiiからルイと書きます。

ルイに関する情報はネットでもほとんどヒットしません(涙)
日本語で検索するとほとんどヒョウモンの記事しか出ません

ハイナンの記事は幾らかあるのですがルイの記事はほとんどありません
で、色々探した結果下のサイトを参考にしました
ms-goniurosaurus.de
英文ですが、それほど難しくはないので興味のある方は是非のぞいてみてください

すこし、タワともなりにまとめてみます。
基本的にハイナンと同じです。色々調べた挙句
・ケージ
45の衣装ケースor水槽でペア
60ならトリオは飼育できます。

・床材
色々使えますが、黒土、ヤシがら、腐葉土など好みで
タワともはヤシガラを数センチほど引いて一部にウッドチップで表面を覆っています。

ここでポイントなのは湿り気が必要ということです。
しかし、全体を濡らすのではなく、ウェットシェルターなどを使うなどして
一部は濡らし他は乾燥しているのが良いと思います。

・シェルター
ヒョウモンと違い陰気ちゃんなので不可欠です。
単頭飼育ならば1つでいいですが多頭飼育なら最低でも飼育数と同じ数は入れてください
飼育数+1がBetterだと思います。

・レイアウト
ヒョウモンなどもそうですが意外と立体行動をします。
無くても問題はありませんが、流木やコルクボードを入れておくと夜に上ったりしてカッコいいです

・エサ
コオロギで問題ないと思います。
僕はローチをあげています。コオロギを与える場合は前足を爪切りか何かで切っておきます
こうするとルイに噛みついても引きちぎれないので傷が大きくなりません。
導入当初はビビりですが、慣れるとピンセットから食べるようになりますよ

・温度・湿度
温度は基本的に無加温でいいと思います。
大体18~22℃くらいが適温のようです。どちらかというと夏の高温が心配です。

湿度は結構高めでいいですが渇いたところも欲しいです。
僕はポトスを植えてその周辺は大体80度をキープしています。

とりあえずこんなもんだと思います。
また、写真もupしたいと思います。

で、本題(笑)
タワともは最近、寺山(鹿児島県鹿児島市吉野町)で
自動カメラを仕掛けて野生動物を撮影しています。
S__25763843_convert_20150427001646.jpg
寺山からみた桜島です。

で、その最初の被写体が少し面白かったので紹介したいと思います
上の写真はその一つでシロハラという鳥だと思います。(自信ないです

IMAG0095_convert_20150426222857.jpg
キツネや
IMAG0061_convert_20150426222809.jpg
分かりにくいですが、中央にアカネズミ
けっこう色々撮れて楽しいです。
寺山は自然公園や展望台もありますが、カメラはまあまあ山ん中に仕掛けています

しかし・・・・・・・・・・・・・・・・・・




IMAG0087_convert_20150426222832.jpg
ニワトリ(笑)
なぜ?
なぜ?ニワトリ
わかりません
日本の山は謎ばかりです。

おそらく脱走した個体ですが、みなさんペットは逃がさないように(゚∀゚ )

フィールド | 00:19:58 | トラックバック(0) | コメント(0)
再帰! 高校時代
昨日言った通り
近くの池で遊んできました~~

平池という和歌山最大のため池で周囲1.5km程なので
ランニングとかで利用している人も多いですね
S__10657907_convert_20140909225946.jpg

この平池で高校時代に水質調査とか生物観察とか色々してましたね~
高校から10分歩くといくことができるので身近なフィールドでしたね
高校も巻き込んで発表させられたり・・・

まあ、色々思い出が多い場所です。
その時からまあ、カメが多いとは感じていたので

今回初めてカニかごを仕掛けてみました。S__10657906_convert_20140909230050.jpg
これ全部カメです(笑)

でも、99%アカミミガメです(涙)
一匹だけ黒化したクサガメが一匹だけでした

まあ、しょんぼりしながらワナを回収に行くとスッポンを目撃!!
しかし、写真に撮る前に察知されてしまい、潜水されました。

彼奴の警戒心の強さはいつも思いますが、ハンパないです
あの警戒心のすごさを少し分けてもらいたいものですな(何故?)

さあ、そんなことを考えながら回収に行くと(ちなみに、ワナは夜中に見つからないように仕掛けてました。別に、禁止はされてないんですけど・・・)

なんか、近くに流しのオッサンがいて
「革靴は脱いで~♪砂浜は裸足で歩きたい~♪」
とか歌ってましたが、そこを平日の昼に21の青年が藪に一目散に入っていくという
かなり混沌とした状況でしたwww

で、結果は


S__10657916_convert_20140909225643.jpg

大量!!(*≧∇≦*)
九匹も入ってましたwww

内訳はアカミミ3、クサガメ6という以外な結果になりました
S__10657904_convert_20140909230137.jpg
S__10657921_convert_20140909225250.jpg
ミシシッピアカミミガメ T. s. elegans

言わずと知れたミドリガメですな
甲羅とかがキレイでびっくりしました!
でも、上の二匹は甲長25cm オーバーで
かなり、立派は個体でしたな

S__10657917_convert_20140909225531.jpg
S__10657918_convert_20140909225500.jpg
S__10657919_convert_20140909225353.jpg
クサガメ  Mauremys reevesii
上三枚の黒化オスが一番キレイでしたね~
後はメスか若い固体でした。

前にヒキガエルを一緒に見に行ったF先輩がずっとガメラ3のガメラっぽいから
黒化クサガメが欲しい欲しい言うので
欲しいか聞いたところ・・・・

「いらん」とのこと
もうあげましぇ~ん

結構、成熟したオス個体は目撃しましたね
S__10657920_convert_20140909225316.jpg

この個体が一番小さくたぶん去年の子でしょう
繁殖していることがよく分かります。

まあ、周りは田んぼが広がってるのでその畦とかで産んでるんでしょうかね

S__10657922_convert_20140909224503.jpg
これは一番大きい個体で30cmくらいあったメスです。
巨頭化も見られました。

でも、後肢の先が両方とも無かったです。
野生で生きていくことの難しさを物語っているように思えます。

以前もこの池で右後肢がないイシガメを見ました
やはり後肢に怪我を負いやすいんですかね?

で、あんまり面白かったんでもう一回仕掛けました(笑)

で、結果は
S__10657900_convert_20140909230156.jpg
3,4年くらいの個体が一匹だけでしたwww

これはエサの違いだと思います。

最初は魚の頭と尻尾の部分をエサにしたんですが
次のは腹の部分でした。

最初のは食べるのに時間がかかりますが、腹の部分はすぐ食べれるので
次の個体が来る前にエサが無くなってしまったんではないかと

仕掛ける場所は同じだったので警戒されたという可能性もありますけど

今度はもう一回、お頭でチャレンジしてみま~す

次は沖縄のかヤモリをしたいと思いま~す
では、おやすみなさ~い(_ _)zZ

オマケ
S__10657899_convert_20140909230213.jpg
キアゲハ Papilio machaon

S__10657911_convert_20140909225851.jpg
S__10657913_convert_20140909225754.jpg
タウナギ Monopterus albus
犬の散歩中に見つけました



フィールド | 00:05:33 | トラックバック(0) | コメント(2)
次のページ

FC2Ad