■プロフィール

タワとも

Author:タワとも
鹿児島在住の大学生です。

亀に一目ぼれしてこの世界を知りました。
最近は国産ヤモリに夢中になっています。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

名前は伊達じゃない!?
最近、日本は雪で大変な状況です。しかし、鹿児島は
気候の関係で雪ではなく雨になっています。

でも、寒いことには変わりありません。そして、この寒い中
後輩の希望でカスミサンショウウオの産卵を観察に行ってきました。

P2181996_convert_20140219224928.jpg

ツルの渡来地でも有名な出水市の田んぼの水路周辺で観察することが出来ます。

P2181999_convert_20140219232258.jpg
カスミサンショウウオは12月から4月ごろに産卵します。

僕の地元の和歌山では5月手前のイメージがあったのですが・・・
鹿児島では2月頃までに産卵を済ませてしまうらしいので、
時期的にはギリギリでした(汗)

P2182007_convert_20140219232423.jpg

最初、僕と一人の後輩が泥の中を進んで水源を進んで探し、ある程度
水量がある場所で、魚のような動きの黒い生き物を目撃したのですが、

後にこれが、上のような黒い個体であることが判明しました。
これが、本当に魚のようで、サンショウウオという
名前は伊達じゃありませんでした。

S__442544_convert_20140219233637.jpg


カスミサンショウウオの卵はウネウネしていて、一部のカエルのように
塊になっていません。

この場所では他に、ヤマアカガエルも産卵していて
大量に卵塊がありました。
P2181987+-+繧ウ繝斐・_convert_20140219223913


S__442522_convert_20140219233659.jpg

ちなみに、サンショウウオの卵の写真に写っているオタマは
ヤマアカガエルのオタマです。真っ黒なのが特徴ですね。

とまあ、目的のものは見れたんですが、とにかく寒かった。
今度は晴れでもうちょっと暖かい日に行きたいです。(当日は雨と台風並みの風が吹き荒れていた)

しかし、フィールドネタが両生類しか、無いですね~
早く、春にならないかな~


スポンサーサイト
両生類 | 01:13:07 | トラックバック(0) | コメント(0)
寒い↴↴
PC261865_convert_20131227232429.jpg
寒い。
鹿児島といえど日中で10°を下回る日があり、とても寒いです。

基本、この時期は両爬は活動しないのでやることがないのですが、
また行ってきました。ハイ、ヒキガエルの産卵です。

ネタが無くてすみません(^^;

前回は書きませんでしたが、僕が観察に行っているのは鹿児島中央駅から近い城山公園です。

PC261855_convert_20131227232738.jpg

しかし、前回行った池には二匹ほどしか確認できず、ダメかと思いましたが
一緒に観察に行った先輩とちょっとしたポイントを確認するとまだたくさん観察できました


PC261862_convert_20131227231337.jpg
一緒に行った先輩

そもそも、ヒキガエルは通常は山間などで陸上行動をしていて、水には入りません。繁殖期になると冬眠から一度起きてきてオスメスが団子状に固まっていわゆる蛙合戦をして産卵します。
そのあと、もう一度冬眠ならぬ春眠をして春まで眠ります。
水に入ってるヒキガエルもそろそろ、見れなくなるかな~

次は飼ってるペットの紹介でもしようかな



両生類 | 02:07:47 | トラックバック(0) | コメント(2)
ヒキガエル産卵

それでは、さっそく書いていこうと思います。

この前、ヒキガエルの産卵を見に行ってきました(≧∇≦)

中学一年生のころから本格的に生き物が好きになった自分ですが

恥ずかしながら、ヒキガエルの蛙合戦を見たことはありませんでした(汗)

ですが、今回ばっちりと観察できました。
ヒキガエル ダンゴ
ちなみに、この写真には6匹のヒキガエルが写っています。

鹿児島では12月が繁殖期という情報は得ていましたが、12月のいつ頃かは分からず・・・
12月1日から生息地に週2で通うハメに(笑)

やる気満々のオスが一匹と卵塊が一つありましたが合戦というか、彼女がいない
さみしい奴が待ちきれなくて待ってるみたいでした。

ヒキガエル タマゴ

そして、20日にやっと蛙合戦が!!
サークルの後輩と見に行ったのですが、団子みたいに一匹のメスに複数のオスが抱き着いていて
産卵してました。感動ものでした。

しかも、もうオタマが結構な大きなになっていてビックリ!!
鹿児島はいうても南方の地域なんだな~と改めて実感

両生類 | 01:40:23 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad