FC2ブログ
 
■プロフィール

タワとも

Author:タワとも
鹿児島在住の大学生→東京で就職!

亀に一目ぼれしてこの世界を知りました。
最近は国産ヤモリに夢中になっています。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

Coleonyx降臨!
みなさん、こんにちは

タワともです。

この前、ブログに書いたケニアサンドボアをバイバイしたショップに
また行ってきました。やっぱり未練たらたら
で、店長さんに 「自分、トカゲモドキ好きやろ! 代わりにコレ持って帰り
ちょっと痩せてるけど、自分やったら立ち上げ問題ないやろ!」(注 タワとも:和歌山県民が書いておりますので登場人物も関西弁ですが、本当は標準語でしゃべっていました)

というわけで
ケニアサンドボアの代わりにこの子達がやってきました。

ボウシトカゲモドキ
Coleonyx mitratus
S__132096004_convert_20190117223952.jpg 
♂ 大体全長16㎝くらい

S__132096002_convert_20190117224032.jpg 
♀ 大体全長13㎝くらい

ニカラグアとかコスタリカといった中南米に生息するトカゲモドキ
いわゆるColeonyxの部類ですね
昔(タワともが知らない次代 聞いてると2000年代前後)では一定のファンがいたようですがヒョウモン、ニシアフに押されて一気にすたびれたようです。

イメージとしてはGoniurosaurusのように湿潤系(coleonyx属は乾燥系もいますが)ですので基本的なセッティングはあまり変わらず

ゴニのように立体行動を取るのか分かりませんが
とりあえずはコルク版を寝かしてシェルターにもなるようにしてあります。
まあ、ヒーターはウェットシェルターの下なのでほとんどいません

C5966F74-11FD-4DBB-AD51-20B56FBC52D8_convert_20190117223930.jpg 
オス
分かりにくいけど 体重13g(容器が26g)

S__132096003_convert_20190117224014.jpg 
メスがこんな感じ
体重8g (おんなじ引き算)
両方これがアダルトです。

もう少し元気になったら載せますが
いままでウチにいたトカゲモドキたちとはすこし違った雰囲気があります
特に前顔!!
横顔はそれほど違わないと思うのですが

メスはすでに見ている状況でローチをたべていたので一安心
(というか、ウチのゴニやニシアフよりだいぶ大胆!! 彼奴らは最初、見ていれば顔もださず、ピンセットを見れば引っ込み、CBにしてピンセットから食べるのに1ヶ月近くかかるやつらだったのに)
オスは少し元気がないようなので餌ぐいが確認出来なければ
単頭飼いがハニーワームですね

またまた、トカゲモドキが増えてしまいオマキトカゲモドキとヒガシトカゲモドキがいれば全属コンプリートですが
さすがに、厳しいですね
それをするなら他のゴニとか飼いたいなあ・・・

でも、来年も繁殖させるならそろそろ本気でやばい気がしてきた


スポンサーサイト
未分類 | 17:55:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
爬虫類 下取りとは
ハイ
こんにちは、タワともです^^
一昨日予告した通り、爬虫類ショップに行ってきました。

で、家にいたケニアサンドボアが旅立ちました(生きてます)
S__132096007_convert_20190115233801.jpg 
というのも、タワともの飼育関心、手間暇がかなりヤモリたちに注がれている点
全長70 cm程度ですが結構な底面積を必要とする種であるにもかかわらず狭いプラケで飼育している点。
などを考慮した時にタワとも宅では生きていくことは出来るが決して良好な環境で飼育されていないと思い
それならば広いところで愛情をもらえるところで飼ってもらえた方が良いと判断したためです。

ボアにしてハンドリングしてもおとなしく、拒食、吐き戻し等もせずすごい良い子でした。
2013年のぶりくら市で迎えてから約6年間
タワともが海外産爬虫類を飼育し始めてから7年目(爬虫類は中学一年からスタートしたので14年目)にして始めて
死亡以外の理由でお別れしました。

むずかしいものです。
良い飼い主に当たればよいが、よりずさんな所に買われると心配だ
売れずにもっと狭い所で飼われても心配なんですけど

だから、知っているショップさんにお渡ししましたが
あんまり買い手が付かなかったら買い戻したりしてるかもしれませ
未練タラタラです。
S__132096008_convert_20190115233737.jpg 
こういうところは失恋と似ている気がしますね
男は別れたら「名前をつけて保存」
女は別れたら「上書き保存」って言われるあれです
(女性の皆さん、偏見かもしれませんが一意見として流していただけると助かります。)
このブログ女性の読者いるのかわからないけど(笑)

というわけで
タワとも始めての売買(バイバイ(つД`)ノ)記録でした。


未分類 | 23:45:57 | トラックバック(0) | コメント(0)
あけましておめでとうございます(今更)
ハイ、タワともです。
あけましておめでとうございます(今更)
だいぶ、年も明けてしまいました。

2019年になってしましたね。
今年の目標はゴマバラの継続した繁殖
大学時代の研究のまとめを発表する。
ニシアフをブリブリに育てて来年に備える。
でも、Coleonyxに挑戦したいと思ったり・・・
仕事はもう少しできるようになります。

で、
イノシシの写真はないので
今度はニシアフの体重記録を

S__131883012_convert_20190113210343.jpg 
ノーマル 10g→48g 18年5月生まれ

S__131883013_convert_20190113210327.jpg 
オレオ 13g(18.11/11)→25g 18年8月生まれ

S__131883014_convert_20190113210310.jpg 
ホワイトアウトhetオレオ 18.11/11 30g→40g
タワとものミスによって再生尾になってしまいましたがとりあえず
増えてます^^

明日はまた爬虫類ショップに行くのでなんかあるかもしれません。
では、今年もよろしくお願いしますm(_ _)m



ペット | 21:33:05 | トラックバック(0) | コメント(0)
年の瀬! 2018年大晦日
ハイ!
みなさん、お久しぶりです。
タワともです

月初めの勢いは何処へやらwww
結局、年末まで更新してませんでした(゚∀゚ )

本当は温室を作ったり
ちょこちょこ体重測定とかしているのでネタはあったのですが
今日になってしまいました

今年は、就職して
鹿児島から東京に出てきて
仕事をして、給料をもらって、
東京の爬虫類ショップにいったり、学会にいったり色々あった年でした

毎年、こんな感じのあいさつ締めてる気もしますが
来年からも、ちょこちょこ更新していくのでよろしかった覗いてやってください

でも、なにも生き物の写真がないと寂しいので
今年も冬眠に入る前のゴマバラを

今年は十二月の初めにご飯を上げてしまったので
12/29に押し入れinしました
S__130293766_convert_20181231201635.jpg 
ゴマバラ父 しっぽがブリブリです

S__130293765_convert_20181231201539.jpg 
ゴマバラ母 プリプリくらいですね
やっぱり父ほどは食べてくれないですが
栄養状態は悪くありません

また、来年の三月くらいまでバイバイですね
来年も元気なbabyを生んでもらいたいですね

それではみなさん良いお年を


未分類 | 20:34:45 | トラックバック(0) | コメント(0)
遭遇!! ミヤコヒメヘビ 行ってきました 沖縄県宮古島編part3

はい

またまた、続けて更新です


いつもこんなペースで書ければ良いのですが

ブログにするときに必ずくる作業として画像の圧縮があります

これが以外に手間で、twiiterに移ったブログ民の気持ちも良く分かります。

あっちは写真をポンとあげて、キャプションすれば良いので手軽で早いですよね


でも、ブログにも良いところがあって

それは過去記事を読みやすいことだと思っています。


 


タワトモはあんまり体系化出来ていませんが

今でも、昔のブログの記事を読み返してたり

ほとんど情報がない生き物について書いてあるブログを読みに行ったりします。


これがなかなかtwitterではしにくくて、結局タワともは手帳を書いているというわけです。


なんとまあ前置きが長くなったことか笑

それでは宮古島最終日についてです


 


最終日は16時の飛行機が帰るかつ、13時に職場の後発組と合流して打合せがあるため

午前中しか時間がありません。

ほんの少し作業場の整理をしていると林の裏側に

RIMG0242_convert_20181204212810.jpg 

セマルハコガメの背甲羅が

なぜか頭や手足はなく、背甲だけでした。

かなりきれいなので持って帰りたかったのですがそこは

天然記念物なのでなくなく我慢(つД`)ノ


で、全然属島に行っていないので

伊良部島に行くことに

ここは全長約4 kmにもなる陸橋で島同士がつながっている


The insta映えの橋です。

903FCC53-0D99-491C-B51D-26ED081EDC46_convert_20181209003507.jpg 

車で運転するとなかなか壮観でした!!


で、景色を見つつカラカラなリターを掘ってヒメヘビいないかなぁと探して

何もおらず、

唯一湿り気がある松葉のリターを掘りながらいないよなと思っていたら・・


 


いました

ミヤコヒメヘビ

Calamaria pfefferi

PB290076_convert_20181204212647.png 

先輩が掘り当てました


いやー小さい


何じゃこれ

PB290073_convert_20181204212615.jpg 

ブラーミニ位の大きさやけどこっちはちゃんとヘビヘビしてる~~


全長はおおよそ15cm


お腹はこんな感じ、ちゃんと腹板があります

PB290079_convert_20181204212713.jpg 

いやー最後の最後の大満足です^^


与那国ではミヤラちゃんに見放されたので


初ヒメヘビ!感動ですね


で、お昼は春おばあの食道という

なんか山盛りの出汁を取った肉汁を食べて


空港でブルーシールアイスを食べて

宮古島_181204_0016_convert_20181209003035 



タワトモの初ミヤコは終了です。

宮古島_181204_0015_convert_20181209003047 

すべてを木出来出来たわけではありませんが、なかなか満足のいく結果でした

次はミヤコトカゲリベンジです。



宮古島 | 01:02:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ

FC2Ad